朝バナナダイエットのやり方

 

朝にバナナだけを食べる朝バナナダイエット。痩せたという口コミが多くてベジ子も興味津々です。調べてみると朝バナナを食べるだけでなく生活習慣改善も含めて体によさそうなダイエットです。朝バナナダイエットがなぜ痩せられるのか詳しくご紹介します。

 

 

ダイエットに食事制限が必要な理由

 

朝バナナダイエットははまち家夫婦2人が開発・提案しているダイエット方法です。2008年にmixiのダイエットコミュで300人がダイエットに成功して話題になりました。いまでも挑戦している人が多く、人気のダイエット方法です。

 

朝バナナダイエットオフィシャルサイトはこちら!

 

朝食はバナナと水。炭水化物のごはんも好きなだけ食べてよく、3時のおやつも食べれるダイエットです。ゆるいダイエットです。

 

朝バナナダイエットのコンセプト

簡単にできる朝バナナダイエットのコンセプトをご紹介します。

 

朝バナナダイエットのコンセプト
  • がまんしない
  • お金をかけない
  • 時間をかけない

 

まさに忙しい現代人にぴったりの手軽なダイエット方法ですね。

 

朝バナナダイエットの基本

 

朝バナナは非常に自由度の高いダイエット方法です。しかし朝にバナナを食べれてそれでOkではありません。その後の生活習慣の見直しが必要なのです。

 

朝バナナは胃腸の休息時間を長く取るための方法です。胃腸を十分に休ませるとカラダの機能が回復し体調がよくなり体質改善につながります

 

「バナナはカロリーが高いからダイエットに向いていない」という意見もあります。バナナのカロリーは100gあたり87kcal、バナナ1本はごはん茶わん半分のカロリーです。カロリーだけをみるとカロリーが高くみえますね。

 

しかしバナナがダイエットに向いているのはバナナの消化吸収の速さなのです。バナナは消化吸収に優れ、消化に回るはずだったエネルギーが代謝と老廃物の排泄に使われます。

 

バナナは7割は水分で食物繊維が豊富な食品です。食物繊維を摂取することで便秘の解消につながり、含まれているカリウムがむくみの解消につながります。

 

朝バナナダイエットのやり方

 

朝バナナダイエットのやり方

やり方は簡単です。朝食に生バナナを単品でよく噛んで食べる水を一緒に飲むこと!これだけ(笑)バナナの数は食べたい分だけ食べます

 

どうしても追加で何か食べたいときには5分以上(できれば30分)空けてから食べます。何を食べてもいいです。おすすめはお米類です。

 

もしバナナが好きでない場合は無理してバナナを食べ続けることありません。他の果物でも大丈夫なんです。でも食べる果物は1種類のみにしておきましょう。この場合ずっと続けられる果物を探して1種類の果物を厳選します。バナナと同じようによく噛んで食べましょう。

 

バナナをおすすめしている理由は栄養価が高い、安い、甘い、洗い物不要など続けやすいから。安くて気軽なダイエットだから続けられるんですね。朝バナナ時の水は常温の水を使ってください。15分、できれば30分以上の時間を空ければ何を飲んでも大丈夫です。

 

 

水分量は1日2Lなどの決まりはありません。でも水はこまめに飲みましょう。基本の水分はジュースなどではなくて水で取りましょう。味がついていない水を飲むことで味覚改善が図れます。味があるものを飲んでいると味覚が鈍くなります。味の濃い食事を好んだり、たくさん食べないと満腹感が得られなくなったります。

 

味がついていない水を飲むことは最初はつまらないかもしれません。味覚が戻ってくると食事の味に敏感になり、食事がおいしく楽しく感じられます。少ない量で満足できるので小食になります

 

朝バナナダイエットで注意したい点

以上が朝バナナのやり方を見てきました。非常に簡単ですが、その他どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか?朝バナナダイエットは朝食をバナナにするだけでなく1日の生活習慣を整えることによってダイエット効果を発揮します。

 

以下の昼食、夕食、おやつなどについても決められたことを守ると早くダイエットできます。

 

昼食、夕食は普通に食べる

 

昼食、夕食は好きなものを食べます。お昼を控えめにする人もいますが気にせず食べてください。できれば和食が望ましいです。お米の割合を多くしておかずは少なくするのがおすすめです。お米はしっかり食べてください。

 

3時のおやつは1種類のみ食べてOK


3時のおやつは食べて大丈夫です。食べたい場合は毎日食べていいです。

 

ただ1日1種類だけ。チョコレートや和菓子がおすすめです。アイスなど体を冷やすもの、消化に時間のかかる乳製品はなるべく食べないように。もちろんたまに食べるのはOKです。

 

早くダイエットをしたい場合は果物1種類のみにしましょう。ドライフルーツでも大丈夫。旬のフルーツやドライフルーツなどをストックしておくといいですね。

 

夕食を20時までに食べる

 


これは結構重要なことなんですが肥満になる原因は夕食を食べる時間です。朝バナナを実践しても夕食が深夜になる人は効果が期待できません。遅い時間帯に食べると胃腸が活動しているまま眠ることになります。カラダの機能が動いているのですから快眠ができないのです。

 

しっかりと眠ることができなければ、カラダの機能は回復しません。疲れが取れないと体質が悪くなり太りやすい体質になります

 

夕食の時間帯は18時に近い時間、遅くても20時に食べるようにしましょう。食後のデザートはNG。スイーツを楽しみたい場合は3時のおやつに食べましょう。スイーツを食べることは血糖値が跳ね上がることを頭に入れてください。カラダに負担がかかることリスクがあることを覚えておきましょう。

 

遅くても21時までに寝る

 

新陳代謝が最も活発に行われるのは22時から2時までの間と言われています。脂質代謝を促す成長ホルモンがこの時間に寝ていることでさかんに分泌されます。このゴールデンタイムにしっかりと眠れることが大切ですので21時までに寝る習慣をつけましょう。

 

辛口ベジ子のまとめ

朝にバナナだけを食べる朝バナナダイエット。非常に簡単なダイエットですが調べるうちに朝バナナダイエットはバナナを食べることだけではなくて生活リズムを整えて体質改善をするダイエット方法ということに気づきました。

 

朝に消化吸収の良いバナナを食べるのは空腹の時間を増やして胃腸を休ませる働きがあります。夕食時間を早く、寝る時間を早くすることで睡眠のゴールデンタイムの22時から2時までに熟睡できるように生活リズムを整えます。この時間に寝ると脂質代謝を促す成長ホルモンがしっかりと出て痩せやすい体作りができるのです。

 

朝バナナダイエットは非常に理にかなった方法ということがわりました。そう考えるとグリーンスムージーも消化吸収のよいドリンクなので朝グリーンスムージーを飲んで生活リズムを整えれば痩せ体質になるということですね。グリーンスムージーに朝バナナダイエットの生活習慣を取り入れればダイエットが加速することができますね。

 

目的別グリーンスムージー【選び方】

時短 ダイエット 美容成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック

お味 溶けやすい 栄養成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック