【朗報!】ダイエットが楽にできる7つの習慣

 

ダイエットは辛くて苦しいものと思っている人が多いですね。しかし普段の太りやすい生活習慣を少しだけ変えるだけでもダイエットできるんです。太る人は太る生活習慣をしているから太るんです。ここではダイエットが楽にできる7つの習慣をご紹介します。

 

 

楽にできるダイエットとは継続できるダイエットのこと

 

「早く痩せたい!」「辛くないダイエットをしたい」「こんなに頑張ってるのに痩せない!」ダイエットをしている人ならこういう考えを持っていることでしょう。

 

我慢大会のようなダイエットをしているとネガティブな考え方になったり、その後のリバウンドも怖いですね。ダイエットは無理をしないほうがいいです。では無理をしないダイエットとはどういうものがあるのでしょうか?無理しないダイエットについて詳しくご紹介します。

 

無理しないダイエットとは継続できるダイエットのことですね。日頃の太る生活習慣をしている人が強制的に痩せる生活を取り入れても続けることができません。太る生活習慣を少し変えて別の習慣を身につける、それができたらまた別の習慣を・・・といったように少しずつ習慣を変えて継続することが大切ですね。

 

ダイエットが楽にできる7つの習慣

次にダイエットが楽にできる7つの習慣をご紹介します。どれも生活の中に取り入れることができるものです。特別な道具は要りませんしお金もかかりません。

 

よく動く

 

運動というとスポーツジムに通うことだと考えている人がいます。実は運動は日常のちょっとしたことでもやることができます。座っているとき、立っているとき、歩いているときに姿勢をよくするだけでも筋肉を使うことになります。ストレッチをすることもいいですね。いつもよりも体を意識して使うことで筋肉がついて体が引き締まってきます。

 

運動することでカロリーを消費しようという考えは間違いです。ジョギングで1時間走っても500から600kcalしか消費しません。それよりも食事の習慣を変えたほうがいいのです。

 

よく噛んで食べる

 

ダイエットの食事で一番大切なのはよく噛んで食べることです。よく噛んで食べることで唾液の分泌が促進されて消化を助けることができます。噛むことで満腹中枢を刺激して食欲を抑えることができます。食欲を抑えることができれば食事量が自然と減って痩せることができます。目安は一口で30回から50回噛むといいそうです。

 

お腹が空いてから食べる

 

現代では食の欧米化が進み朝昼晩と食事を摂るとカロリーオーバーになってしまいますね。これに運動不足が重なるとカロリーを消費できないので、すべて体内に取り込んで脂肪として蓄積されます。

 

お腹が空いていないのに時間だからと言って食べると本当の食欲がわからなくなってしまいます。ときには体の声に耳を傾けてお腹が空いてから食べるように心がけましょう。お腹が空いてから食べるとおいしく感じられますし1日の摂取カロリーも抑えることができます。

 

記録する

 

一時期レコーディングダイエットというものが流行りました。これはとっても効果があることです。1冊のノートを用意して毎日体重を計測してノートに書きます。次に朝昼晩食べたものをノートに書いてカロリー計算します。

 

カロリー計算が面倒なら専用アプリを使うといいでしょう。食べたものを入力するだけでカロリー計算を自動でやってくれます。こうやって記録を取ることで太る原因がわかってきます。はじめは本当に面倒くさい作業ですが続けるうちに効果を発揮します。

 

レコーディングダイエットの素晴らしいところは後日振り返りができるところです。自分の生活習慣を振り返ることで太ってしまう原因を知ることができるのです。

 

脂っこいものが好きで1日の摂取カロリーが基準よりもオーバーしているならその習慣を変えたほうがいいでしょう。運動が少ないと感じるなら次から運動時間増やすことを取り入れましょう。そうやって振り返って改善していけば新しい習慣が身に付き痩せる習慣をキープすることができます

 

甘いものを食べる時間を決める

 

ダイエット中は甘いものを控えてたほうがいいですが、それでも食べたい人は時間を決めて食べましょう。甘いものを食べると血液中の血糖濃度が上がり、脳から満腹感の指令が出ます。

 

夕食前に甘いものを食べると夕食量を抑えられるといわれています。1日の摂取カロリーが一番多い夕食の食べ過ぎを防ぐことができるそうです。夕食20分前を目安に甘いものを食べるのはOKです。

 

食べる順番を変える

 

食事の食べる順番を意識したことありますか?実は食べる順番でダイエットができてしまうのです。やり方は簡単。まずはじめに野菜などの食物繊維中心に食べます。次に肉、魚、大豆製品などのタンパク質、最後にご飯などの炭水化物を食べます。こうすることで脂肪の原因となる炭水化物の量を減らすことができます。

 

よく寝る

 

睡眠中は新陳代謝が盛んになり、ホルモンの分泌も活性化します。特に夜のゴールデンタイムと言われる22時から2時までの間はしっかりと眠るようにしましょう。この間に痩せホルモンが出て痩せ体質になるといわれています。

 

痩せるという強い意欲を持つ

 

ダイエットで成功できると人とできない人の違いはどこにあるのでしょうか?ダイエットで何よりも大切なのは本人のやる気。「絶対に痩せる!」という強い意欲です。ダイエットで成功できない人ははじめから中途半端な気持ちでダイエットをしています。

 

だからダイエット途中で誘惑に負けて甘いものを食べてしまったりドカ食いをしてしまったりするのです。痩せる決意をゆるぎないものにするために痩せた後の自分をイメージしたり、周りに「痩せる宣言」をしてしまうと効果的です。

 

モチベーションが下がるとどうしても続かないですよね?自分でモチベを上げるためにイメトレをして「今年の夏は海で水着になる」とか「痩せてきれいになって彼氏をつくってやる」など。何でもいいので続けようとモチベが上がるイメージをしたり、宣言をして後に引けないようにすることも大切なんです。

 

辛口ベジ子のまとめ

ダイエットは辛いものと勘違いしている人が多いですね。でもダイエットは辛いものでも我慢するものでもありません。今までの太る生活習慣をちょっとだけ痩せる習慣に変えるだけでダイエットできます。生活習慣を少し変えるだけなら続けられますよね?こうやって少し少しと痩せる習慣を増やしていけばリバウンドなしで痩せ体質になることができます。

 

あと太る人というのは本当にに食べ過ぎです。食べたものをすべて書き出してカロリーを計算してみると衝撃を受けると思いますよ。でも自分がいかにカロリーオーバーなのかわかればダイエットしようと意欲がわいてくるというもの。ダイエットは中途半端な気持ちではじめても続きません。「このままじゃヤバイ」という気持ち大切にしてダイエットにチャレンジしてくださいね

 

 

目的別グリーンスムージー【選び方】

時短 ダイエット 美容成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック

お味 溶けやすい 栄養成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック