グリーンスムージーでの断食(ファスティング)を成功させるコツ


ダイエットのために断食(ファスティング)をすることが流行っていますが素人が知識なく断食を始めるのは危険なこともあります。まったく食べない断食ではなくてグリーンスムージーを飲みながら断食する方法なら危険も少ないです。ここではグリーンスムージーを使った断食についてご紹介をします。

 

 

断食で痩せる方法とその他のメリット

断食とは?

まずそもそも断食とは何なのでしょうか?断食とは長期間まったく食事をとらなで過ごすことを言います。これはシロウトにとっては非常にハードルの高いことです。いきなり断食をすると体がビックリして生命の危険もありますよ。

 

完全断食は専門家の指導の元で行うことが大切です。家の中にはお菓子などの誘惑も多いので完全断食はできれ断食道場などの非日常の空間で行なったほうがいいですね。

 

 

プチ断食がおすすめ

それならダイエット目的で断食する場合はどのような断食がよいでしょうか?痩せるのが目的なら完全断食ではなくてプチ断食で十分です。断食期間も短く、食事も完全に断つ必要ないので必要最低限の栄養分を取りながら行うので安心です。週末のプチ断食だけでも効果がありますので気負わず、気軽に始めることができますね。

 

断食をすると腸内環境の改善や基礎代謝の向上などの効果も期待できます。一時的に腸内活動が高まるため、脂肪の燃焼が助けられます。プチ断食による、摂取カロリーの低下との相乗効果によって、効率良く痩せることが出来るというのが最大の魅力です。つまりプチ断食をすると痩せやすい体質を手に入れることができるのですね。

 

プチ断食の効果

 

プチ断食はダイエット目的だけでなく美容や健康目的で行っている方が増えています。いつでもどこでも食べ物が手に入るので現代人は飽食、カロリーオーバー。そのため肥満をはじめとするメタボや病気までではないけど体の不調を感じている人が多いですね。

 

断食を行うことで毎日休むことなく使っている胃腸などの消化器官、それから腎臓、肝臓などを休まることができます。内臓の負担を減らして休ませることで内臓の働きを再生、老廃物を排出できます。高いデトックス効果を得ることもできてカラダの内側からリフレッシュでき、肥満による体の不調も改善されるのです。

 

身体にいいとされる断食。ではプチ断食の3つの効果をご紹介します。

 

肥満解消・ダイエット効果

現代は飽食の時代。栄養の摂りすぎで体に負担をかけている人が多いです。断食をすれば肥満の解消、ダイエット効果があります。肥満によって引きおこるカラダの不調も改善されていきます。

 

内蔵を休ませることで健康な体の状態になる

無意識のうちに行われている体の消化吸収の作業。実は消化吸収に使われるエネルギーは非常に多く、体の負担になっています。消化器系に休養を与えれば、体の全器官も休息することができます。1日でも断食すれば、体が休まり、翌日は心身の爽快感を体験できます

 

毒物・老廃物を排出しデトックス・美容・アンチエイジング効果

生命活動の「消化・吸収・排泄」のうち、断食をすると消化と吸収は一時的にストップします。このため全生命力を排泄一本に集中することできます。デトックス効果が期待でき体の内側からキレイになるので美容効果、アンチエイジング効果も期待できます。

 

プチ断食をするときにグリーンスムージーを使うのがおすすめ

 

プチ断食の間に摂取するものはどのようなものがよいでしょうか?ファスティング用の酵素ドリンクなども出回っていますが、辛口ベジ子はグリーンスムージーをおすすめします。グリーンスムージーは腹持ちがよいので断食中の空腹感対策に効果的です。

 

また酵素やビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富に入っているので食事を食べなくても栄養分の補給ができます。また手作りの生グリーンスムージーは野菜とフルーツをブレンダー(ミキサー)で細かく粉砕しているので消化・吸収が早い飲み物です。消化の早いものであれば30分で胃を通過します。

 

胃腸に負担をかけないので日ごろ酷使している消化器官を休めることができます。酵素や食物繊維がデトックス効果と腸内環境の改善を促進して、プチ断食効果をさらに高めることができます。

 

グリーンスムージーでプチ断食をするメリット

・断食に不足しがちなビタミン、ミネラルなどの栄養素を補える
・消化・吸収が早い
・満腹感がでる
・低カロリー
・酵素や食物繊維がデトックス効果を高める

 

でも「手作りグリーンスムージーはどうしても面倒で・・・」という場合は粉末グリーンスムージーを使ってしまいましょう。プチ断食はカラダを休ませることが目的。グリーンスムージーを手作りすることでストレスや心の負担になるくらいなら手軽に水を入れて完成する粉末タイプを利用しましょう。

 

粉末タイプは粉と水を入れてシェイクすれば10秒で出来上がり!気軽に飲めるのでプチ断食に最適なドリンクです。粉末グリーンスムージーには数十から数百種類もの野菜やフルーツがギュッと濃縮されて入っているので栄養バランスもよくて酵素もしっかりと摂取することができます。だから粉末グリーンスムージーはプチ断食におすすめなのです。

 

グリーンスムージーを使った3日間週末プチ断食のやり方

プチ断食は完全断食と同じように予備断食、本断食、回復期を設ける必要があります。予備断食をしないで突然断食をしたり、回復期を待たずに通常通りの食事をすると体に負担がかかり、リバウンドをしてしまうことがあります。プチ断食は気軽に始められますが守るべきルールは守って行いましょうね。

 

プチ断食は予備断食に1日、本断食に1日、回復期に1日かけます。合計3日間です。週末の金曜日からはじめて日曜日まで行うのがやりやすい方法です。

 

3日間の週末プチ断食のやり方
金曜日

朝食:普段通りの食事。できる人はグリーンスムージーに置き換える
昼食:昼食は腹八分目まで
夕食:通常の半分程度で軽いものを寝る3時間以上前までに済ませる。
   (朝食普段通りに食べて夕食から始めたい人はグリーンスムージー 300ml)

ポイント

ここからプチ断食のスタートです。始める前の食事は軽いものをいつもより少なめに食べることがコツです。

 

 

土曜日

朝食:グリーンスムージー 300ml
昼食:グリーンスムージー 400ml
夕食:グリーンスムージー 300ml

ポイント

水かハーブティを2L以上のみ、脱水症状を防ぐ。1日1Lを目安に3食をグリーンスムージーに置き換えるお腹がすく場合は、グリーンスムージーを追加しても構わない。

 

日曜日

朝食:グリーンスムージーを300~400ml
昼食:野菜スープなど消化の良いもの、又は重湯と梅干し
夕食:野菜中心の少な目メニューで

ポイント

プチ断食中にお腹が空いてしまった場合は間食はせずにグリーンスムージーを飲むこと。断食後は消化に良いものから少しずつ通常の食事に戻していくこと。

 

プチ断食の8つの注意点

プチ断食のやり方が分かったところで、プチ断食中の注意点をご紹介します。

 

 

激しい運動や長時間の入浴など身体に負担がかかることは控えましょう

プチ断食は心身ともにリラックスすることが目的です。身体に負担がかかることはやめましょう。

 

お酒やたばこ、お菓子や清涼飲料水は摂取しません

カラダを休ませることが目的のため、お酒、たばこ、お菓子、清涼飲料水などは摂取しないように気を付けましょう。

 

カフェインが入っていないハーブティーを飲み、緑茶や紅茶、コーヒーを飲まないようにしましょう

プチ断食時には副交感神経を優位にさせてリラックスをして過ごしたいのでカフェインは厳禁。カフェインには覚醒効果がありので交感神経を刺激してしまいます。カフェインが入っていないハーブティーで過ごしたいものです。どうしてもコーヒーや紅茶を飲みたい場合はデカフェ(カフェインレス)のコーヒーや紅茶を飲みましょう。

 

一日2L以上の水分を摂りましょう

水をたくさん飲んでデトックスを促進させましょう。

 

妊娠中・授乳の方の断食はしないほうがベター。薬を服用中の方など身体に不安がある方は断食をする前に主治医に相談を!

身体に不安がある人はやらないほうがいいですね。

 

好転反応が出た場合は水分を多く取り、できれば横になって過ごしましょう。

プチ断食中に好転反応がでることがあります。その場合は、ゆっくりとすごしましょう。

 

散歩やヨガ、ストレッチを取り入れリラックスして心地よい状態で過ごしましょう

激しい運動はNGですが、軽い運動なら大丈夫です。リラックスできる程度の運動をしましょう。

 

断食再開は1週間以上、期間をあける

プチ断食体重が減ったからといって、連続して行うのはNGです。次に行う場合は、カラダを回復させるためにも1週間以上開けてから行いましょう。できれば数カ月に一度行うなどスケジュールを決めるといいでしょう。

 

 

辛口ベジ子のまとめ

以上グリーンスムージーを使った3日間の週末プチ断食についてご紹介しました。個人差がありますが3日間のプチ断食で2、3kgの痩せたという口コミが多いです。

 

すぐに痩せたいなら週末プチ断食おすすめです。粉末グリーンスムージーを使って週末プチ断食をするならこちらのグリーンスムージーランキングを参考になさってください。グリーンスムージーの味や腹持ちなどを確認できます。

 

ベジ子おすすめグリーンスムージー

 

目的別グリーンスムージー【選び方】

時短 ダイエット 美容成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック

お味 溶けやすい 栄養成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック