牛乳グリーンスムージーはNG?甘く腹持ちよくダイエットにおすすめ

 

ネット上ではグリーンスムージーに牛乳などのタンパク質を一緒に入れるのはダメという噂があります。この噂は本当のなのでしょうか?グリーンスムージーを牛乳で作ることについて詳しくご紹介します。

 

 

グリーンスムージーに牛乳を入れるとダメ?

 

グリーンスムージーにミルクを入れてもいいのか、よくないのか、ネットでも意見が分かれているようです。グリーンスムージーに牛乳などのタンパク質を一緒に入れるのはダメという噂の根拠をご紹介します。

 

タンパク質がビタミンの吸収を阻害するからダメ?

まずグリーンスムージーを牛乳などのタンパク質で作ることがダメと言われる理由は「グリーンスムージーに牛乳や豆乳などのタンパク質や脂質を入れるとグリーンスムージーの効果がなくなる」というウワサがあるからです。

 

一番多いのは「牛乳などのタンパク質や脂質がビタミンの吸収を阻害して吸収が落ちるから」という意見です。しかし実際は栄養学上、タンパク質や脂質がビタミンの吸収を阻害することはありません。だから吸収率も落ちません。

 

普段の食事を考えてみてください。この理論から言うと野菜サラダは生のまま食べなくてはいけませんが、普段の食事ではマヨネーズやドレッシングをかけますよね?これでは栄養吸収が悪い食べ方になっていまいますね。

 

この理論に厳密に従うと野菜は生のまま味付けをせずに食べ続けることになります。そんなことできないですよね?

 

根拠は考案者ヴィクトリア・ブーテンコさんのグリーンスムージー・ガイドラインだった!


グリーンスムージーの考案者のヴィクトリア・ブーテンコさんのガイドラインによると「グリーンスムージーには葉野菜とフルーツと水だけ入れる」となっています。彼女がグリーンスムージーを考案した目的は「野菜不足の解消、健康障害の改善」ですからガイドラインは厳密に水だけとなっているのでしょう。

 

ビクトリア・ブーテンコさんの公式グリーンスムージーのHP Raw Fanmilyはこちら(英語サイトです)

 

もしあなたが健康に障害があり野菜を大量に摂取することで本来のカラダの力を取り戻したいのであればブーテンコさんのガイドラインに従ったほうがいいです。彼女がご家族の健康障害をグリーンスムージーで完治させた話は著書『グリーン・フォー・ライフ』に掲載されています。

 

食事(固形食)を摂ることが難しい方が流動食の代わりにグリーンスムージーを飲む場合はやはりガイドラインに従ったほうが吸収・消化が良くていいですね。

 

ただ私たちのようにもともと健康体で美容や日頃のちょっとした野菜不足解消、それからダイエット目的でグリーンスムージーを飲む場合はそれほど厳密にしなくてもいいのではないでしょうか?グリーンスムージーに牛乳を使って吸収スピードが少し遅くなっても牛乳を使ったからまったく栄養が吸収されないということではありません

 

 

辛口ベジ子としてはあまりキッチリとやり過ぎて「グリーンスムージー、面倒。もうやめたー。」となって飲むことをやめてしまうほうが問題だと思います。せっかく体に良い習慣を始めたのですから楽しく続けていきたいですよね。

 

実際に水で飲むよりも牛乳で飲むほうが甘くておいしいです。続けるために牛乳でグリーンスムージーを作るのはアリだと思います。

 

ベジ子の場合は手作りグリーンスムージーの場合はせっかくの生野菜の栄養を最大限もらいたいので水で飲んでいます。粉末タイプの場合は水以外に牛乳や豆乳でもアレンジして飲んでいます。

 

粉末タイプのグリーンスムージーのお召し上がり方には「水、牛乳、豆乳などでお召し上がりください」と記載があるものも多いです。メーカーも推奨しているので牛乳で飲んでも大丈夫です。

 

牛乳の栄養成分とその驚くべき効果

 

ここでは牛乳の栄養成分とカラダへの効果をご紹介します。

 

牛乳の栄養成分について

 

牛乳には私たち人間が必要とする多くの栄養成分が含まれています。たんぱく質、脂質、炭水化物のことを3大栄養素といいますね。その3大栄養素の働きを助け、さまざまな体の機能を調節しているのがミネラルとビタミンです。3大栄養素とミネラル、ビタミンが合わさって人間の生命活動は維持でき健康な生活ができるのです。

 

そのため私たちは毎日の食事から3大栄養素とミネラル、ビタミンを摂取する必要があります。牛乳にはそれらの栄養素がバランス良く含まれています。牛乳は、栄養素密度が非常に高く少ないエネルギー量で同じ量の栄養素を摂取できる優れた食品です。(栄養素密度とは、食品のエネルギー100kcalあたりに含まれる栄養素の量です。)

 

牛乳は少ないカロリーでバランス良く栄養素を摂ることができ健康的なダイエットをサポートする栄養補給にも適しています。

 

牛乳200mlあたりの栄養成分

エネルギー

138kcal

ビタミン

水分

180.4g

 レチノール

78μg

たんぱく質

6.8g

 カロテン

12μg

脂質

7.8g

 レチノール当量

78μg

炭水化物

9.9g

 ビタミンンD

0.6μg

灰分

1.4g

 ビタミンE

0.2mg

無機質

 ビタミンK

4μg

 ナトリウム

85㎎

 ビタミンB1

0.08mg

 カリウム

310㎎

 ビタミンB2

0.31mg

 カルシウム

227㎎

 ナイアシン

0.2mg

 マグネシウム

21㎎

 ビタミンB6

0.06㎎

 リン

192㎎

 ビタミンB12

0.6μg

 鉄分

0.04㎎

 葉酸

10μg

 亜鉛

0.8㎎

 パントテン酸

1.14㎎

 銅

0.02㎎

 ビタミンC

2mg

脂肪酸

 飽和

4.81g

 一価不飽和

1.80g

 多価不飽和

0.25g

 コレステロール

25mg

 

牛乳で期待できる6つの健康効果

 

次に牛乳を飲むことで期待できる健康効果と美容効果をご紹介します。

安眠効果(不眠症改善)

忙しい現代人は睡眠不足になりがちです。不眠の改善には脳内物質のセロトニンと言われる幸せホルモンが影響しています。牛乳にはセロトニンを生成するためのトリプトファンという物質が多く含まれていることから安眠効果があると言われています。

 

また牛乳に含まれているカルシウムはイライラ解消、気持ちを静める効果があるのでさらに安眠効果が期待できます。

 

精神安定効果(ストレス解消)

現代社会はストレス社会と言われています。上手にストレスを解消することが健康に過ごせる秘訣です。日常イライラすることが多い人はセロトニンが減少していることが考えられます。牛乳を飲むだけでセロトニンをしっかりと補給することができストレス解消に効果的と言われています。

 

基礎代謝の向上(疲れにくい体に)

牛乳に含まれるたんぱく質が質の良い筋肉を作ってくれます。筋肉が増えると基礎代謝が上がり太りにくい体質へ。筋肉が増えると疲れにくい体になります。

 

便秘解消効果

牛乳に含まれる乳糖は腸内環境を整えてくれる栄養素です。腸内環境が良くなれば便秘の解消にも効果を発揮します。

 

血流量や免疫力の向上

牛乳は血行促進にも効果があると言われています。温めた牛乳を飲むと血流量がアップ、免疫力が高まります。

 

骨を強くする

牛乳に多く含まれるカルシウム。健康な骨を作るためには欠かせない栄養素です。女性の骨粗しょう症対策にも牛乳を飲んで骨を強くすることが大切です。

 

牛乳の4つの美容効果

 

牛乳を飲むことで美容効果もあります。4つの美容効果をご紹介します。

 

美肌効果

牛乳に含まれるビタミンAはお肌の粘膜を保護する働き、ビタミンBは皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。お肌の状態を美しく新陳代謝を助けて美肌へ導いてくれます。

 

シミ・くすみの改善

牛乳には良質のたんぱく質が含まれているので肌に必要なコラーゲンを生み出すことができます。コラーゲンが増えることにより肌の状態がよくなりシミやくすみが改善されます。

 

乾燥肌の改善

牛乳を飲むことでコラーゲンが生成されるのでお肌の水分量がアップします。乾燥した肌に水分が補給されて透明感が出るとされています。

 

髪や爪が健康に

髪や爪はケラチンという物質からできています。これも牛乳に含まれるたんぱく質の一種。牛乳を飲むことで2枚爪や爪が割れること、髪のハリ・コシの改善が期待できます。

 

牛乳は健康にも美容にもとっても良いことが分かりましたね。

 

牛乳スムージーは甘くて腹持ちよくダイエットにおすすめ

 

グリーンスムージーを使ってダイエットをする人に牛乳グリーンスムージーをおすすめします。「牛乳ってカロリー高いじゃない。ダイエットできるの?」って心配する声が聞こえてきそう・・・

 

もちろん牛乳はコーラよりもカロリーが高めです。しかし高カロリーな牛乳は他の飲み物に比べると腹持ちがよいのでダイエット向きなのです。

 

牛乳で作ったグリーンスムージーは甘く感じられるため満足感があります。腹持ちがよく甘さがあるので空腹感を抑えることができダイエットに効果的なのです。

 

また運動後に牛乳を飲むことで良質なたんぱく質が筋肉を作りますので筋肉が増加します。筋肉が増えれば自然に基礎代謝が上がりますのでさらにダイエットが加速しますよ。ダイエット中は通常の牛乳よりカロリーが低い低脂肪牛乳がおすすめです。

 

辛口ベジ子のまとめ

以上、グリーンスムージーと牛乳についてご紹介しました。グリーンスムージーを飲むことで不足しがちな野菜の栄養素を補給することができます。さらに牛乳で飲むことによって健康や美容にも良い効果が期待できますね。

 

牛乳はダイエットにも向いている飲み物。基礎代謝を上げることができるので自然と痩せやすい体質になります。牛乳+グリーンスムージーでダイエットを加速させてしまいましょう

 

目的別グリーンスムージー【選び方】

時短 ダイエット 美容成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック

お味 溶けやすい 栄養成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック