グリーンスムージーはいつ飲む?朝VS夜|痩せた人は夜飲みだった!

 

グリーンスムージーは朝に飲んだほうがいいのか、夜に飲んだほうがいいのか?1日のいつの時間帯に飲むのがべストなんでしょうか?グリーンスムージーをいつ飲んだら効果的なのか詳しくご紹介します。

 

 

グリーンスムージーを飲む時間帯について

 

グリーンスムージーはいつ飲んだらいいのでしょうか?グリーンスムージーを飲むことは健康的なイメージがあり朝に飲むと思っている人も多いと思います。実はどの時間帯に飲んでも悪いことはありません。

 

ただ一番生活の中に取り入れやすいのは「朝」です。グリーンスムージーはできるだけ空腹時に飲んだほうが栄養素をしっかりと吸収できます。

 

朝ならお腹が空いていますからグリーンスムージー飲むのに最適ですね。グリーンスムージーの栄養を吸収するためにグリーンスムージー飲んでから前後40分は口に何も入れないようにしてください。

 

朝は忙しいので朝食をグリーンスムージーに置き換えてしまえばとってもラク。面倒な朝食の準備や後片付けも必要ありません。それから頭が朝の忙しいモードに入っているので空腹感も感じにくいです。

 

グリーンスムージーはゆっくりと時間をかけて飲みましょう。口に含んで唾液と混ぜながら噛むようにしてゆっくり飲み込みます。こうやって唾液と混ぜることで唾液からのアミラーゼという消化酵素も出ますので消化がアップします。

 

ダイエットには夜飲みがおすすめ

 

グリーンスムージーで痩せる、痩せたという口コミがありますね。痩せた人はどうやってグリーンスムージー・ダイエットをしているのでしょうか?グリーンスムージーは積極的な脂肪燃焼を促すドリンクではありません。1日で魔法のように痩せてしまう薬でもありません。

 

そうなると短期で痩せた人は飲み方が気になるところです。実は短期で痩せた人は夜にグリーンスムージーを飲んでいたのです。

 

夕食置き換えがダイエットの近道

ここでまずダイエットのおさらいです。摂取エネルギーと消費エネルギーの関係についてです。

 

・摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ると太ります。
・摂取エネルギーが消費エネルギーを下回ると痩せます。

 

摂取エネルギーと消費エネルギーの関係

・摂取エネルギー > 消費エネルギー 太る


・摂取エネルギー < 消費エネルギー 痩せる

 

ダイエットとはカンタンに言うと摂取エネルギーを少なくして消費エネルギーを増やせばいいです。これを理解して行動すれば誰でも簡単に痩せられるんです!

 

一般的に朝食よりも夕食のほうが高カロリーですよね。朝からステーキを食べる人は少ないけど夕食にステーキを食べる人は多いです。ですからカロリーが高い夕食をグリーンスムージーに置き換えれば摂取カロリーの差が大きく痩せやすいのです。

 

置き換えるタイミング

朝食をグリーンスムージーに置き換える カロリーの差が小さい 痩せにくい
夕食をグリーンスムージーに置き換える カロリーの差が大きい 痩せやすい

 

ベジ子が行動した結果なんですが運動しなくても食事を制限すればかなり痩せられます。夜グリーンスムージーにすれば月に3kgは痩せられますよ。

 

「夕食を置き換えるとお腹が空いてしまう・・・」という意見もありそうですね。でも夜は寝るまでの間にカラダを動かすことがないのでカロリーの高い夕食を食べると食べた分の脂肪が全部蓄積されているのです。

 

運動しているのに痩せない人はやはり摂取カロリーを見直したほうがいいですね。医師の先生によっては夕食は食べなくてもいいなんて言う人もいるくらいです。

 

夜は時間にゆとりがあるので朝忙しくてグリーンスムージーを作る時間がないという人でも夜なら時間を作れるハズです。グリーンスムージーは消化吸収がよく胃腸に負担をかけない優しいドリンクです。

 

食べ物が胃に残った状態で寝ることはカラダにとってよくありません。熟睡できなくて起きた朝はボーっとしてしまったり胃に物が残っているようで朝食を食べたくないこともありますね。

 

胃に食べ物が残った状態で寝ることの3大悪影響
質の良い睡眠が得られない

胃に残留物があると交感神経が優位になり興奮して眠りを妨げてしまいます。

 

腸内環境が悪くなる

胃の中の食べ物の消化に時間がかかり食べ物が腐敗し悪玉菌が増えてしまいます。

 

栄養が吸収されない

消化が進む前に眠ってしまうと栄養分が細胞まで到達できません

 

このように夜は食事を減らしてなるべく胃に残留物がないようにして眠りにつくことがカラダにもよいのです。グリーンスムージーなら1時間ほどで消化しますので眠りを妨げることもありません

 

美容目的にも夜飲みがおすすめ

 

睡眠時間は肌が生まれ変わる大切な時間です。夜10時から2時までのゴールデンタイムに熟睡できるように寝る時間を調整しましょう。眠りの質が良いほど女性ホルモンがたくさん分泌され美容効果があがります。

 

また手作りグリーンスムージーでよく使われるオレンジなどのかんきつ類、パセリやセロリなどのせり科の野菜。これらを使うときには夜に摂取することが望ましいです。かんきつ類、せり科の野菜にはソラレンという物質が含まれています。

 

ソラレンは光毒性がある物質なのでこれらを朝グリーンスムージーで飲んでから外出すると紫外線を吸収しやすくなります。紫外線を浴びると体内に活性酸素が発生します。活性酸素は老化の原因になる物質で美容の大敵。なぜならシミやシワを増やしてしまうからです。

 

でも夜に飲むなら紫外線を浴びることないので大丈夫。夜ならかんきつ類もせり科の野菜も摂取して問題ありません。かんきつ類はビタミンCが豊富ですしパセリやセロリにも栄養がしっかり含まれています。夜に飲んで色白美人を目指しちゃいましょう。

 

辛口ベジ子のまとめ

グリーンスムージーは朝飲むものと思っている人も多いですが特にダイエットなどでは夜置き換えのほうが良さそうですね。また健康や美容目的で飲む場合も夜のほうがよさそうです。痩せ効果が実感できるのが早いのでダイエット頑張れます。

 

ベジ子もはじめは朝に飲んでいましたがこれを知って夜にグリーンスムージー飲むようにしています。ダイエット効果もちろんあります。ダイエットにも美容にも健康にも夜スムージーがいいので、ベジ子おすすめです。

 

目的別グリーンスムージー【選び方】

時短 ダイエット 美容成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック

お味 溶けやすい 栄養成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック