風邪かなと思った時に飲みたいグリーンスムージー・レシピ

 

季節の変わり目や冬場の乾燥で、なんとなく喉が痛い、咳やくしゃみが出る、体がだるいなどの風邪症状が出ることありますよね。

 

すぐに病院に行ければいいですが、行けないときには風邪によいといわれる食材を使ったグリーンスムージーがおすすめです。風邪に効くグリーンスムージー・レシピをご紹介します。

 

 

風邪の対処方法についておさらい

 

昔から「風邪はひき始めが肝心」と言われるように、「もしかしたら風邪かな?」と感じたときに、対処をすることで悪化を防ぐことができます。

 

初期の風邪を早く治すためには免疫細胞の働きを活性化して体内に侵入したウィルスを撃退することが大切。風邪に効くグリーンスムージーを飲んで免疫アップ!悪化する前に風邪を治してしまいましょう。

 

風邪予防にマスク効果なし!?

 

季節の変わり目や冬になって空気が乾燥してくると風邪をひく人が多いですね。今は夏でもエアコンをつけますので夏風邪をひくこと多いです。

 

風邪予防のためにマスクをつけますが、実はあまり効果がないそうです。風邪はウィルスの感染によって起こるもの。空気を媒介して人から人へ感染するのです。

 

風邪のウィルスは主に「ライノウィルス」と「アデノウィルス」の2種類。「ライノウィルス」は鼻水や鼻づまり、「アデノウィルス」は喉や扁桃腺の炎症や腫れにつながるものとしての特性があります。

 

これらのウィルスは大きさが20~970nm(1mmの100万分の1)で非常に小さく市販のマスクの繊維の網目を通ってしまいます。ウィルスがマスクを通過するので感染防止にはつながらないのです。たとえマスクを1日中つけ続けたとしても、ウイルスの15~25%ほどは口の中に入ってしまうそうです。

 

風邪をひいてしまった人がマスクをすることで咳やくしゃみの飛沫を防止するのはOK。でもマスクでは風邪の予防はできないんです。ですから入ってきたウィルスをやっつけるだけの抵抗力、免疫力をつけるところに注目したいですよね。

 

風邪に良い栄養素と食材とは?

風邪のウィルスをやっつけるためには、エネルギーが必要になります。エネルギー不足では風邪を長引かせかねません。風邪をひいたときにはしっかりと食事をしてエネルギーを補給しましょう。

 

風邪に良いとされる栄養素は下記の通り。

 

β-カロテン(ビタミンA)

β-カロテンは緑黄色野菜に含まれる黄色やオレンジの色素のこと。摂取すると体内で必要な分だけビタミンAに変換されます。ビタミンAは主に粘膜に作用する栄養素です。喉や鼻、気管支、胃腸などの粘膜を丈夫にする働きがあります。

 

免疫力を高めることができるので風邪の悪化を防ぐ効果が期待できます。口や鼻の粘膜が健康でしっかりしていれば、風邪予防にもなります。日頃からβ-カロテンを摂り風邪予防をしましょう。

 

 

β-カロテンを豊富に含む食材

大葉、モロヘイヤ、パセリ、バジル、明日葉

 

ビタミンC

そもそも「風邪にはビタミンCの大量摂取が効く!」という説はどこから来たのでしょうか?世界で最初に唱えたのは、ノーベル賞を二度も受賞した20世紀最大の偉人の一人と謳われる故ライナス・ポーリング博士

 

博士は自らの著書「ビタミンCと風邪」の中で、1日5~10gという大量のビタミンCを摂取すれば風邪を予防でき、たとえ感染したとしても風邪をひいた直後から1時間ごとに1回500~1000mgビタミンCを数時間とれば、風邪を短く、かつ症状を軽くすることができると主張しました。

 

ビタミンCは白血球の働きを強化して、免疫力を高める働きがあり、風邪予防や病気の早期回復に効果的です。

 

 

ビタミンCを豊富に含む食材

野菜
菜の花、パセリ、かぶ、ケール、ルッコラ
フルーツ
赤パプリカ、ゆず(果皮)、黄パプリカ、柿、キウイ

 

ジンゲロール

生のショウガに含まれている辛味の成分です。加熱や乾燥させることでショウガオールという成分に変化します。ジンゲロールを摂取すると白血球の数が増え、免疫機能が活性化します。血流を促進して体温を上昇させ、免疫力アップにつながります。

 

 

ジンゲロールを豊富に含む食材

生ショウガ

 

シンナミックアルデヒド

シナモンに含まれる香りの成分。別名、桂皮アルデヒド。血管を広げて発汗を促す働きがあり、風邪に用いる多くの漢方薬に使用されるほど効果が高いものです。

 

 

シンナミックアルデヒドを豊富に含む食材

シナモン

 

風邪に良い!おすすめグリーンスムージー・レシピ

風邪のひき始め、風邪予防には免疫力を高めるビタミン類が豊富に含まれるグリーンスムージーがおすすめです。また食欲がないときでもスムージーなら飲めてしまうのでいいですね。

 

春菊と柿を使ったレシピ

材料
春菊 1/2パック(60g)
柿 1個
ミカン 4個
シナモン 適量
水 200cc

 

ポイント

天然の風邪薬と言われる春菊を使ったレシピ。春菊のβ-カロテンがのど、鼻の粘膜を守ってウィルスの侵入を防ぎます。柿とみかんはビタミンCを多く含む食材。シナモンのシンナミックアルデヒドが抗菌作用、体を温める効果があります。
春菊はクセのある食材なので、飲みにくい場合は、春菊の量を減らして調整してください。

 

小松菜と金柑を使ったレシピ

材料
小松菜 1/2パック
金柑 2個
いちご 5粒
柿 1個
ショウガ 1片
水 200cc

 

ポイント

冬に飲みたい季節の果物を使ったレシピ。金柑やいちご、柿などの果物のビタミンCが免疫を高め、のどの痛みにも効果あります。生ショウガのジンゲロールがからだを温め、発汗をサポート、免疫力アップ。

 

辛口ベジ子のまとめ

風邪に良いとされる材料を使ったグリーンスムージー・レシピいかがでしたか?からだを温めてくれるので風邪をひく前にも冬の冷え対策にもOKなレシピでしたね。

 

ただ風邪ひいちゃったときには材料を買いにいったり作ったりするのは面倒なもの。そんなときには気軽にビタミン、ミネラルが摂取できる粉末グリーンスムージーがおすすめです。

 

ベジ子おすすめグリーンスムージー