グリーンスムージー粉末の基本の飲み方とは?

 

粉末タイプのグリーンスムージーを効果的の飲むためには1日のうちにどの時間帯に飲めばいいのでしょうか?朝、昼、夜・・・?ここでは粉末タイプのグリーンスムージーの基本的な飲み方をおさらいします。

 

 

粉末タイプのグリーンスムージーを飲むタイミングはいつがいいの?

粉末タイプのグリーンスムージーは手軽に簡単に飲めるドリンクです。美容成分も入っているし、健康によい成分も入っています。ではいつ飲めばいいでしょうか?

 

朝に飲むのが一般的ですね。一番のおすすめは朝いちばんに飲むです!朝食のことを英語でbreakfastと言います。break(破る)+fast(断食)というのが語源だそう。

 

朝一番に取る食事というのは、夕食を食べ終わって数時間の断食が終わって初めて食べる食事ということ。だから消化吸収されやすく何を摂るかが非常に重要なのです。朝いちばんにミネラルやビタミンを多く含むグリーンスムージーを飲むのは体にとって必要な栄養を補うことができて非常におすすめです。

 

もちろんどの時間帯に飲んでも悪くはありませんので朝いちばんに飲むことができない人はご自分の都合のよい時間帯に飲みましょう。続けることが大切ですので!

 

置き換えダイエットをするにはいつの食事を置き換えたらいいの?

通常のグリーンスムージーの飲み方について

次にダイエット目的でグリーンスムージーを飲む場合。グリーンスムージーで置き換えダイエットをしたいときはどの食事を置き換えたらいいのでしょうか?

 

その前にヒトはなぜ太るのかを考えてみましょう。当たり前すぎることですがダイエットでは一番大切なことなのでおさらいしますね。

 

ヒトは口から入れるもの、つまり食べものからエネルギーを取ってそれを燃やして生きています。そのエネルギー量のことをカロリー(cal)という単位で表しています。○○kcalという表現を使います。例えばご飯一膳(160g)は269kcal、6枚切り食パンは177kcalです。

 

ヒトはなぜ太るのでしょうか?実は答えは簡単です。消費カロリーよりも摂取カロリーが多いから!人間の体は摂取カロリーと消費カロリーのバランスで成り立っています。口から摂取するカロリーよりも普段の生活や運動をして消費するカロリーが多いとカロリーオーバーになります。

 

太ってしまうのは・・・

消費カロリー < 摂取カロリー

 

余ってしまったカロリーは脂肪という形で体に蓄積されていきます。これが太るという現象です。

 

そのため摂取カロリーよりも消費カロリーを増やせば痩せるということです。

痩せるためには・・・

消費カロリー > 摂取カロリー

 

置き換えダイエットをする場合の置き換えについて

では置き換えダイエットをする場合にはどの食事を置き換えたらいいのでしょうか?一般的な日本人の食事は、朝食、昼食、夕食のうち夕食がメイン。摂取カロリーが一番高い夕食を置き換えるのが最適です。

 

女性一日分の摂取カロリーは1800kcalです。しかし高カロリーの食事をしているとカロリーオーバーになりますね。例えば夕食にステーキセットを食べた場合1,010kcal、すき焼き定食は925kcal、カレーなら941kcal、天ぷら定食なら830kcalです。一日の摂取カロリーの半分近くを夕食で摂取することになります。

 

そこで一番摂取カロリーが多い夕食をグリーンスムージーに置き換えてしまいましょう。これで大幅に摂取カロリーが少なくすることができます。だからグリーンスムージーは運動よりも早く痩せることができるんです。

 

また、健康面から言っても、眠るときには胃に何も入っていないのが理想的。通常の食事は、食事をしてから胃の中に3時間も食べ物が残っているそうです。仮に20時に夕食を食べたら、23時まで胃に食べ物が残っているということ!

 

胃の中に食べ物が残っていると消化するために胃に血が集まり交感神経が刺激されます。これは不眠の原因。なるべく胃の中を空っぽにして眠るようにしましょう。グリーンスムージーは非常に消化のよいドリンクです。飲んでから1時間後には胃からなくなります。グリーンスムージーを飲んだ後の1時間後に眠りについても質の良い睡眠をとることができます。体を休めるためにも夜のグリーンスムージーいいことですね。

 

しかしお腹が空くことが心配ですね。粉末のグリーンスムージーはサイリウムやグルコマンナンという食物繊維が入っています。これらの食物繊維はお腹のなかでムクムクと膨らんで腹持ちがよくなります。空腹感を感じにくいので食事を置き換えることができるのです。

 

水以外の牛乳や豆乳で作る場合に気を付けたほうがいいこと

最後に粉末グリーンスムージーの割り方について詳しく書いていきますね。粉末グリーンスムージーは水分を加えて飲むことになります。キホンはお水を加えますが毎日同じ味だと飽きてしまいますよね。

 

そこで加える水分を水以外のものに変えていきましょう。例えば牛乳や豆乳。飲むヨーグルト、オレンジジュースなど。

 

目先が変わると気分も変わりますし、もちろん味わいも変わります。続けていくうえで飽きがこないのは大切で水以外のものを使うのはよいですね。

 

水にくらべて牛乳や豆乳、飲むヨーグルトで飲むととろみがつきます。とろみがしっかりとつくと食べごたえがあるので置き換えダイエットでも満足感があります。その中でも飲むヨーグルトは一番とろみがつきます。もう飲むというよりはスプーンですくって食べるような感じです。オレンジジュースなどのジュース類も味が変わっていいでしょう。

 

コップ1杯200gあたりのカロリー
  • 水 0kcal
  • 牛乳 134kcal
  • 豆乳 91.8kcal
  • 飲むヨーグルト 130kcal
  • オレンジジュース 76kcal

 

ただダイエット目的でグリーンスムージーを飲んでいる人は水以外で飲むとカロリーが高くなるので注意。以下のカロリーを参考にキホンは水で、時々牛乳や豆乳などを飲むようにしたら摂取カロリーが低くて済みます。

 

辛口ベジ子のまとめ

グリーンスムージーでダイエットする場合は夜に飲むのがいいですね。摂取カロリーを大幅カットできるの効果が期待できそうです。

 

また水以外の牛乳や豆乳、ヨーグルトで飲むと味の変化が感じられて続けやすくなります。

 

目的別グリーンスムージー【選び方】

時短 ダイエット 美容成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック

お味 溶けやすい 栄養成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック