グリーンスムージーに乳酸菌プラスしてダイエットを促進させる!

 

グリーンスムージーは食物繊維が豊富な飲み物です。食物繊維は善玉菌のエサになり腸内環境を整え、排便を促進させます。ここではグリーンスムージーに乳酸菌をプラスしてダイエットを倍増させる方法をご紹介します。

 

 

グリーンスムージーと乳酸菌でダイエット効果倍増の理由

 


人間の腸の中には滞留便、宿便などと言って、通常3~5kgの便がつまっています。便秘が解消されると便が出るので、3~5kgの減量ができるのです。痩せたい人はまず便秘を解消することから始めましょう。

 

便秘解消のためには食物繊維を摂ればいいと言われています。グリーンスムージーは食物繊維が豊富なので便秘解消効果がありますね。しかしせっかく食物繊維を摂っても腸内環境が整っていないとあまり効果が望めません。腸内環境を整えるためには乳酸菌を摂ることが必要です。

 

乳酸菌の働きのおさらい

 

乳酸菌とは腸内にいる善玉菌の1つです。乳酸菌の代表的なものにビフィズス菌がありますね。腸内には大きく分けて善玉菌と悪玉菌がいます。

 

善玉菌が多いと腸の働きが活発になります。善玉菌が多いとお通じをが良くなったり、食べ物の栄養をきちんと消化吸収することができ、代謝がよくなります。逆に悪玉菌が多いと腸の動きが鈍く便秘になったり、栄養をうまく吸収できなかったります。

 

乳酸菌の働き
  • 整腸作用
  • 腸の活動を高める
  • 食物の消化吸収
  • 便を肛門へ送る
  • 病原菌、腐敗菌の抗菌作用
  • 細菌、ウィルスからの免疫増強作用
  • 便秘、下痢の予防

 

乳酸菌は、整腸作用があり、腸の活動を高めて食物の消化吸収を助けます。便を肛門に向かって送り出す蠕動(ぜんどう)運動を促し、便秘や下痢を防ぐことできます。

 

また乳酸菌は腸内を酸性に保つ作用があるので、有害物質を作り出す腐敗菌や病原菌の働きを抑えることできます。発がん物質の腸内での合成を妨げる抗ガン作用、細菌やウィルスに対する抵抗力を高める免疫増強作用などがあります。

 

善玉菌と悪玉菌の効果・特徴

善玉菌

悪玉菌

主な菌名

腸内ビフィズス菌、腸球菌、ユウバクテリウムなど

大腸菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌

効果・特徴

腸内を酸性にし、外から襲いかかる有害な菌をやっつける、免疫力を高めてくれる働き。

たんぱく質を分解し、インドール、フェノール、アンモニアなどの有害物質を作り出す作用あり。腸内をアルカリ性にし、免疫力も低下させてしまう。

 

 

 

乳酸菌を多く含む食材

 

乳酸菌は腸に蓄えておくことができないので毎日摂取する必要があります。乳酸菌とは糖を発酵して乳酸などの有機酸(動植物がつくる酸)を生成する菌のことをいいます。乳酸菌は植物性、動物性の2種類あります。多く含まれる食材は以下の通り。

 

植物性、動物性乳酸菌が多く含まれる食材

多く含まれる食品

植物性乳酸菌

味噌、漬物(ぬか漬けなど)、キムチ、ザーサイ、サワークラウト

動物性乳酸菌

チーズ、ヨーグルト、乳酸菌飲料、ドリンクヨーグルト

 

 

 

このうち動物性乳酸菌は胃酸や熱に弱く胃の中でほとんど死んでしまいます。動物性は腸まで届きにくいですが、まったく意味がないわけでなく腸内で他の乳酸菌のエサとなる役割をします。一方、植物性乳酸菌は胃で死滅せずに腸まで届きます。できれば植物性の乳酸菌を多く摂取していきたいですね。

 

植物性と動物性乳酸菌の比較

生息場所とその環境

植物性乳酸菌

動物性乳酸菌

どこに?

植物に由来するすべて

ミルク

どんな糖と関係している?

ブドウ糖・果糖・ショ糖・麦芽糖など多糖類多様

乳糖のみ

糖の濃度は影響する?

濃淡はまちまちでも生息できる

一定

栄養状態は影響する?

栄養が豊富ではない所やバランスが悪い所でも生息できる

栄養が豊富で、バランスがよい所

ほかの微生物と共存できる?

さまざまな微生物と共存できる

おおむね単独

食塩も影響する?

高濃度でも生息できる

生息できない

 

「植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の比較」岡田早苗(東京農業大学)調べより

 

食物繊維と乳酸菌の関係

 

腸内に乳酸菌が増えるとこんなにいいコトがあるんですね。また乳酸菌は食物繊維と一緒に摂ると効果が倍増します。食物繊維は乳酸菌のエサとなり、乳酸菌の動きを促進させるのです。

 

だから代謝がよくなるので太りにくく痩せやすい体質に!ダイエットに成功したい人はグリーンスムージーに乳酸菌をプラスするといいですよ

 

その他に乳酸菌を増やす食べ物は、納豆菌やオリゴ糖です。

 

グリーンスムージーに乳酸菌をプラスする~乳酸菌を使ったグリーンスムージー・レシピ

 

手作りグリーンスムージーに入れてよいものは厳密にいうと葉野菜とフルーツのみです。乳酸菌を入れることはNGとされています。もともとグリーンスムージーはローフードの実践者が考案したもの。食事療法で家族の病気を治した経験からグリーンスムージーには厳密な決まりごとがたくさんあります。

 

しかしこのルールにどこまで従うかですね。私たちのようにもともと健康体でダイエットをしたいとか、便秘を治したいという人ならグリーンスムージーをもっとゆるく考えるて生活に取りいれたほうがいいと思います。

 

ここでは乳酸菌を使ったグリーンスムージーレシピをご紹介します。ヨーグルトは動物性よりも植物性乳酸菌が入ったものを選んだほうが腸に届くので効果的です。

 

ほうれんそうとりんごとバナナとヨーグルトを使ったレシピ

材料
ほうれんそう 1/2パック(100g)
りんご 1個
バナナ 1本
ヨーグルト 大さじ5杯
水 適量

 

ポイント

ほうれんそうはできればサラダほうれんそうなど癖のないものを使ったほうがおいしいです。ビタミンK、ビタミンCが豊富なグリーンスムージーです。

 

小松菜とみかんと柿とヨーグルトを使ったレシピ

材料
小松菜 1/2パック(100g)
みかん 2個
柿 2個
ヨーグルト 大さじ4杯
水 適量

 

ポイント

小松菜はクセがなく使いやすい食材です。ビタミンC、ビタミンKが豊富なグリーンスムージーです。

 

粉末グリーンスムージーを使う場合


 

次に粉末グリーンスムージーを使う場合をご紹介しましょう。粉末グリーンスムージーはパッケージのお召し上がり方に水以外の牛乳、豆乳で飲むことや、ヨーグルトに粉末をかけて食べることを推奨しています。

 

水分を入れるときに牛乳や飲むヨーグルトを入れれば乳酸菌入りのグリーンスムージーができますね。作り方は水と同じで、粉末と水分を入れてシェイクするだけです。牛乳や飲むヨーグルトを入れると水で作るときよりも甘く、とろみもまします。腹持ちや食べた感があるのでお腹が空きにくいのもダイエットにうれしいですね。

 

ヨーグルトにかけるのは忙しいときにおすすめです。混ぜるとヨーグルトがもったりとしてきて粘りのあるギリシャヨーグルトのようになります。食べ始めるとやみつきになります!

 

牛乳や飲むヨーグルトで作るときの注意

牛乳や飲むヨーグルトは水よりも分子が大きく粉末グリーンスムージーと混ざりにくいことがあります。しっかりシェイクするか、冷蔵庫から出した冷たいものを使うとダマになりやすい!室温まで温めたものを使うのがベターです。

 

粉末グリーンスムージーと牛乳又はヨーグルトの乳酸菌でダイエットを加速させてしまいましょう!

 

辛口ベジ子のまとめ

 

グリーンスムージーに乳酸菌をプラスするとダイエット効果が倍増するなんて夢のような話ですね。相乗効果があるならさっそくやってみるべし!

 

ベジ子は難しいことはキライなので粉末グリーンスムージーと乳酸菌の組み合わせをしています。

 

ベジ子おすすめグリーンスムージー