グリーンスムージーで腸内環境整え快便、美肌、痩せ体質を手に入れる

 

グリーンスムージーはダイエットや健康目的で飲む人が多いですね。最近の健康ブームで腸内環境という言葉を耳にするようになりました。腸内環境を整えるには乳酸菌が良いと言われていますがグリーンスムージーでも腸内環境を整えることができると言ったらびっくりですか?グリーンスムージーが腸内環境が改善できる理由などご紹介します。

 

 

腸内環境のおさらい

最近、腸内環境や腸内フローラという言葉をよく耳にするようになりました。「腸内環境を整えましょう」「腸内フローラを豊かに」と言われますが具体的に腸内環境を整えるとはどういうことを指すのでしょうか?腸内環境についておさらいしたいと思います。

 

腸内の最近は100億個以上?

 

まず私たちの腸内には様々な細菌が住み着いています。その数は100種類以上で合計100兆個!と天文学的な数値になります。善玉菌や悪玉菌など多くの菌が存在する様子が色とりどりのお花畑に見えることから腸内細菌の集まりのことを腸内フローラと呼んでいます。腸内フローラのバランスが毎日の健康・美容に影響を与えています。

 

腸内フローラの中の菌は大きく3種類に分けられます。善玉菌、悪玉菌、日和見菌です。全体のバランスは善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%です。

 

善玉菌、悪玉菌、日和見菌について

 

よく知られている乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌です。病原菌が腸内に侵入するのを防いだり、腸内を酸性に保って悪玉菌の増殖を抑えたりします。

 

悪玉菌は、腸内のタンパク質を腐敗させて有害物質を作り出し、生活習慣病や老化の原因になります。腸内環境が乱れたときには腸内で善玉菌の割合が減り、悪玉菌が優勢になっている状態です。

 

腸内は日和見菌が70%を占めています。日和見菌とは、悪玉菌が増えたら悪玉菌に加勢、善玉菌が増えたら善玉菌の見方をする菌のことです。

 

悪玉菌が少しでも優勢になると日和見菌が一気に悪玉菌の見方をするので腸内環境がすぐに悪化してしまいます。腸内環境を健やかに保つためには、常に善玉菌優位の状態を作っておくことが大切です。

 

年とともに減る善玉菌

 

腸内での善玉菌の割合は20%。この状態を保つことができればいくつになっても若々しく元気に過ごすことができます。しかし善玉菌は年齢とともに減少してしまいます。

 

例えば赤ちゃんの腸内は約99%がビフィズス菌ですが成人では約10%、60歳以上では1%以下になります。そのため日頃から腸内環境を意識した生活をすることが大切です。足りないものはしっかり食べて補うことが必要です。

 

腸内環境を改善して得られる効果

 

腸内環境が改善するとどんな良いことがあるのでしょうか?4つの効果をご紹介します。

 

排便のリズムが整う

腸内環境を整えて一番はじめに感じるのが便が出やすくなること。便秘の人は排便がスムーズになり、下痢の人もウンチが固くなります。

 

ダイエット効果

腸内環境を整えると脂肪燃焼効果が高まります。基礎代謝アップするので痩せやすい体質になります。

 

美肌効果

肌トラブルの多くは腸内環境の乱れから引き起こされます。腸をキレイにすることで美肌効果アップします。

 

免疫力アップ・アレルギー改善

腸内には体内の6~7割の免疫細胞が存在しています。腸内環境が乱れて免疫細胞の動きが悪くなると免疫力も低下してしまいます。花粉症、アトピーなどのアレルギーは免疫力と関係しています。腸内環境が整い免疫力アップするとアレルギーが改善されます。

 

グリーンスムージーが腸内環境に良い4つの理由

 

腸内環境と言えばすぐに乳酸菌が頭に浮かびますが、グリーンスムージーにも腸内環境を整える効果があります。その理由は以下の通りです。

 

食物繊維が豊富

食物繊維は腸内をキレイに掃除してくれる役割をします。食物繊維には不溶性と水溶性があります。不溶性食物繊維は水に溶けず、水を吸収して何倍にも膨れる性質があります。腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を促し、食べ物の残りカスを体外に便として排出させます。

 

水溶性食物繊維は水分を含んでゲル化する性質があります。有害物質を吸着して便として排出させたり、善玉菌を増やす役割もします。

 

野菜には不溶性食物繊維が多く、果物は水溶性を多く含むものと不溶性を多く含むものがあります。水溶性、不溶性の食物繊維をバランスよく摂取することが望ましく、グリーンスムージーは理想的な飲み物です。

 

酵素

食べ物から摂取する食物酵素には消化力を高める働きがあります。腸に酵素が増えれば消化不良が起こりにくくなります。腸内に酵素が豊富にあると腸内細菌が活発に働くことができます。それによって腸内環境の悪化を防ぐことが出来るのです。

 

クロロフィル

クロロフィルは葉緑素のことです。クロロフィルはコレステロール値を低下・貧血改善・消臭殺菌効果・ニキビ予防・美白効果・デトックス効果・口臭予防などの効果があります。注目したいのがクロロフィルのデトックス効果です。

 

デトックス効果とはカラダの中の有害物質を排出する解毒効果のことです。クロロフィルは食物繊維よりも小さく、小腸絨毛の奥の奥まで入り込み、蓄積した有害物質を取り除くことができます

 

消化がよい

グリーンスムージーは野菜とフルーツをミキサーで細かく粉砕したものです。非常に消化吸収のよい飲み物です。カラダへの負担が少なく、大切な栄養素を素早くしっかり吸収することができます

 

腸内環境を整えるグリーンスムージー・レシピ

腸内環境を整えるグリーンスムージー・レシピをご紹介します。

 

アボカドとバナナとホウレンソウを使ったレシピ

材料
アボカド 1/2個
バナナ 1本
ホウレンソウ 1/2束(15g)
水 200cc

 

ポイント

ホウレンソウの不溶性食物繊維とアボカドの水溶性食物繊維のバランスが良いグリーンスムージー。バナナのオリゴ糖が善玉菌を増やして腸内環境を活性化します。

 

セロリといちじくとバナナを使ったレシピ

材料
セロリ 1/2本(50g)
いちじく 1個
バナナ 1本 
水 200cc

 

ポイント

いちじくの食物繊維・ペクチンが腸内環境を整え、バナナのオリゴ糖が善玉菌を増やします。セロリは不溶性食物繊維が豊富な食材で排便効果が期待できます。

 

粉末グリーンスムージーでも腸内環境改善できる?

粉末タイプのグリーンスムージーでも腸内環境の改善が期待できるのでしょうか?粉末グリーンスムージーの口コミをまとめました。

20代女性
自分の生活には欠かせないです。一時的に切らしてしまった事があって、途端に調子が悪くなりました。おかげで腸内環境もよくなり、続けていきます。

 

30代女性
美味しく頂いてます!
私には無いと困る物になっています!腸内環境が整う実感があり、味も美味しいので最高です!

 

40代女性
義母が頑固な便秘でしたが、今では毎日ごっそり快便です。
私も義母も腸内環境がアップ。
酵素はカラダにかかせません。

 

30代女性
腸内環境◎
お通じが良くなりました。便秘と下痢を繰り返していたのが、いつのまにか毎日無理なくスルスル。ガスの膨満感もなくなり、とても快適に。酵素が体に良さそうと購入しましたが、思わぬ効果に大満足。

 

30代女性
ずっと愛飲してます。会社のお昼にヨーグルトに混ぜて食べています。便秘体質ではありませんが、これを摂取するとお通じが気持ちいいくらいスッキリします。。腸内環境は大事ですね。

 

粉末グリーンスムージーでも腸内環境の改善効果を実感した口コミが多かったです。手作りでも粉末でも腸内環境が整うようですね。

 

辛口ベジ子のまとめ

グリーンスムージーで腸内環境を改善することができるなんてスゴイですね。腸内環境が良い人は、体調もよく健康ということです。

 

グリーンスムージーでしっかりと腸内環境をしっかりと整えていきたいですね。

 

目的別グリーンスムージー【選び方】

時短 ダイエット 美容成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック

お味 溶けやすい 栄養成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック