【レッド】ポリフェノールたっぷりレッドスムージーの比較ランキング

 

粉末タイプのスムージー。グリーンの色をしたスムージーが主流でしたが、ココにきて変化が!レッドスムージーの新作が増えています。レッドスムージーが選ばれる理由はレッドの野菜とフルーツに含まれるポリフェノール。つまり抗酸化作用、エイジングケア(アンチエイジング)が期待でき、美容にこだわりのある人はグリーンスムージーからレッドスムージーに切り替えはじめています。

 

また、グリーンスムージーが野菜の味がしてどうしても飲めない人もいます。そういう人はフルーツジュースのように飲めるレッドスムージーが受け入れやすいです。グリーンスムージーを超えちゃう?レッドスムージーを飲みやすさや味などでおすすめ比較してランキングしました。

 

 

レッドスムージーを選ぶ【3つのポイント】

原材料の豊富さ

粉末タイプのレッドスムージーはレッドの野菜、フルーツの他に酵素や乳酸菌が配合されています。原材料の数や酵素、乳酸菌の配合量は各社それぞれ。多いほうが相乗効果が期待できるので原材料が多いものを選んだほうがいいですね。

 

飽きのこない味

飲み続けるなら味も大切です。飲みやすい味のものでないと続けることはできません。

 

溶けやすさ

粉末タイプのスムージーにはシェイカーを使ってシェイクするものと、シェイカー不要のタイプがあります。ベジ子は20種類以上の粉末スムージーを飲んできました。で、一番飲みやすいと思うのは溶けやすい粉末、そしてシェイカーがいらないタイプのスムージーです。

 

シェイカーを使うタイプのスムージーは基本溶けにくく、ダマが残ることが多いです。ダマを口に入れると美味しくなかったり舌触りがザラザラしたりします。シェイカーを使うタイプは作るのに時間がかかりますし、洗い物も増えるのでおすすめできません。

 

おすすめレッドスムージー比較

上記で挙げた3つのポイントを踏まえて、レッドスムージーの比較表を作成しました。これらのレッドスムージーは実際に辛口ベジ子がサイト内でレビューもしていますよ。粉末スムージー選びの参考になさってください。

 

商品名

原材料の量

飽きのこない味

溶けやすさ

アサイーレッドスムージー

×

すっきりレッドスムージー

マイブレイクレッドスムージー

 

ポリフェノールたっぷりのレッドスムージーおすすめランキング

 

 

すっきりレッドスムージーの特徴

7つのレッド野菜とフルーツが原料。250種類のW酵素(生酵素、栄養酵素)配合。1箱あたり300億個の乳酸菌。グルコマンナン、バジルシード配合で時間を置くととろみが増す。シェイカー要らず、特殊製法で非常に溶けやすい お客様満足度92%、返金保証付き。個包装。味はカシス系でアセロラドリンクに近い。1袋当たり11.52kcal。

価格 1杯216円
評価 評価5
備考 赤ブドウ、ビルベリー、イチゴ、リンゴ、サクランボ、トマト、レッドジンジャーの7つのレッド配合
 
 

マイブレイクレッドスムージーの特徴

トマト、アサイーなどのレッドの野菜とフルーツを配合。230種類の酵素、チアシード、150億個の乳酸菌配合。日本ダイエット健康協会の推奨商品。バナナヨーグルト味。返金保証付き。1杯あたり19.8kcal。シェイカーなしで溶けやすい個包装の粉末です。

価格 1杯233円
評価 評価4.5
備考 優しいバナナヨーグルト味でグリーンスムージーが飲めない人に選ばれています。
 
 

アサイーベリースムージーダイエット~エイジングミックス~の特徴

スーパーフルーツのアサイー配合のスムージー。アサイーの他にブルーベリー、カシス、ノニ、ザクロなどのエイジングケアをサポートする野菜とフルーツを配合。原材料170種類、160種類の酵素配合。芳醇カシス味、1杯あたり78kca。返金保証付き。とろみがあるので置き換えダイエットにぴったり。

価格 1杯233円
評価 評価3
備考 シェイカーでシェイクするタイプの個別包装スムージー。とろみがしっかりつき、味は濃いめのカシス味。濃厚な味なので毎日飲むには味に飽きてしまうことも・・・
 

 

目的別グリーンスムージー【選び方】

時短 ダイエット 美容成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック

お味 溶けやすい 栄養成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック