長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)でアンチエイジングする3つの方法

 

男女や年齢に関わらず、同じ年齢なのに老けて見える人、若く見える人がいますね。できればいつまでも若々しく元気で長生きしたいと誰でも思いますよね。実は人間には長寿遺伝子というものがあって長寿遺伝子がオンになれば老化を防止、アンチエイジングすることができます。ではどうやったら長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)がオンになるのしょうか?長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)と老化防止、アンチエイジングについて詳しくご紹介します。

 

 

長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)とは何か?

 

最近の研究で老化を遅らせ寿命を延ばす長寿遺伝子の存在が明らかになってきました。この遺伝子は誰でも持っていて上手に働かせば寿命が延びる可能性があります。それで長寿遺伝子とはどういうものなのでしょうか?詳しくご紹介します。

 

長寿遺伝子とは?

 

長寿遺伝子は細胞の損傷を防いだり、エネルギー産生に影響を与える遺伝子です。人間なら誰しも持っている遺伝子です。また人間だけでなく地球上の生物はほとんど持っています。長寿遺伝子は細胞の中にあり、ヒトでは10番目の染色体に存在しています。普通の生活では眠っているため働いていません

 

サーチュイン遺伝子の発見

 

今話題になっているのが長寿遺伝子の1つ「サーチュイン(sirtuin)遺伝子」です。2003年にマサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレンテ教授によって「sir2(サーツー)」と呼ばれる遺伝子が発見されました。この遺伝子が酵母を使用した実験での寿命をコントロールしていることがわかりました。

 

長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)でアンチエイジング

 

今まで寿命は「親が長寿なら子供の長寿」といった具合に遺伝と考えられていました。しかしこの研究により寿命は遺伝的要素よりも環境や生活習慣が強く影響していることがわかりました。

 

長寿を決めるのは25%が親からの遺伝、それ以外は環境と生活習慣

 

実際に遺伝子情報が100%同じ一卵性双生児と50%同じ二卵性双生児が何歳まで生きたかというデンマークの研究があります。育った環境は一卵性も二卵性も同じ。にも関わらず、それぞれの寿命を調べると遺伝原因は平均で約25%、残り約75%が生活習慣などの非遺伝原因だったそうです。

 

長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)で老化を遅らせアンチエイジング効果が期待できる

 

長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)は長寿だけでなく老化の進行にも関係していることが分かっています。老化の原因は活性酸素によるカラダの錆び、免疫細胞の暴走などが考えらます。長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)を活性化させれば、老化の原因を抑えて進行を遅らせることができます。

 

このように長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)を働かせることで長寿を実現することができます。寿命が長いということはそれだけ体の老化が遅いということ。長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)は老化を遅らせて、アンチエイジングにも効果的と言われています。

 

長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)の特徴

長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)は通常は眠っている遺伝子です。そして以下の3つの特徴があります。

 

長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)3つの特徴
  • 暖かい環境では活動しない
  • 取り除くとは早く死ぬ。増やすと長生きする
  • 活性化しないと効果がない

 

長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)は普段眠っています。それをどうやって活性化することができるのか、スイッチオンをすることができるかが重要になってきます。

 

長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)をオンにするための3つの方法

 

次に長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)をオンにするためにはどうしたらいいのでしょうか?詳しくご紹介します。

 

遺伝子の特徴

 

人の細胞の中には老化や寿命に関する長寿遺伝子が50個から100個あると言われています。遺伝子はスイッチのオン、オフの切り替えができるようになっています。オフになっていると不活性、眠っています。しかしスイッチをオンにすると活性化、本来の働きをすることができます。環境の変化によってスイッチがオンになったりオフになったりするです。

 

長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)をオンにするための3つの方法


長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)をオンにするために必要なのはどんなことでしょうか?以下の3つの方法があります。毎日の食生活を変えるだけで遺伝子が活性化されるんですね。

 

適度な運動

 

じんわりと汗ばむくらいの運動をするのが効果的です。具体的にはウォーキングよりやや強い負荷でジョギングよりもやや弱い負荷をかけるとよいです。競歩のイメージです。

 

カロリー制限

 

肥満の人と痩せている人の遺伝子を調べた結果、肥満の人は長寿でないことがわかっています。遺伝子的に言うと長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)がオンになっていない人ということです。また100歳以上でも激しい運動ができる元気なご老人は、若いころから小食でサーチュイン遺伝子の働きが活発だったという研究結果が出ています。少ないカロリーで効率よく身体を動かす人が長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)をオンにできることがわかります。

 

やはり昔から言われているように食事は「腹8分目」を目安に食べることで元気に長生きできるようですね。昔の人はスゴイです!

 

抗酸化成分「レスベラトロール」の摂取

 

フレンチパラドックスという言葉を聞いたことがありますか?医学界で不思議な現象と言われ続けたフランス人に心筋梗塞の発生率が低い現象のことです。

 

ヨーロッパの中でフランス人はもっとも脂肪を摂取するそうです。美食の国ですから仕方がないことですね。脂肪を大量に摂取すると血管が詰まり心筋梗塞の発症する割合が増えるはずです。しかしフランス人には心筋梗塞の発生率が極めて低いのです。これは長年の医学界の謎でもありました。

 

近年になり食事と一緒に飲む赤ワインの中に微量のレスベラトロールというポリフェノールが入っていることがわかりました。研究によると赤ワインのレスベラトロールが長寿遺伝子を活性化させていたことがわかりました。レスベラトロールはブドウの果皮、ピーナツの皮などに含まれています。

 

レスベラトロールにもいくつか種類があります。単量体よりも二量体のほうが効果があると言われています。ブドウなどに含まれるレスベラトロールは単量体です。二量体を含むのはインドネシア栽培のメリンジョと言われる植物です。二量体は体内にとどまる時間がながく効果が長続きすると言われています。

 

 

インドネシアで日常的に食べられているメリンジョ。消費量の多いジョグジャカルタ特別州という地域では平均寿命がインドネシア全体よりも4~5歳長いそうです。

 

 

この3つの中で1番効果が高いのは2番のカロリー制限、次に効果があるのが3番のレスベラトロールの摂取です。また長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)オンになる方法をやめてしまったらまたオフになってしまうそうです。続けることが大事ということですね。

 

辛口ベジ子のまとめ

長寿遺伝子とは老化のスピードが緩やかになり寿命を延ばす働きがあります。ヒトの体の中には誰しも長寿遺伝子を持っているものの普段はスイッチオフになっていて働いていません。これをオンにすることができたら老化のスピードが遅くなってアンチエイジングにもなります。健康で若々しく年を取ることができたら、年を取ることも怖くないですね。まさしく夢のような遺伝子です。

 

カロリー制限するためには食前にグリーンスムージーを飲んだらいいですね。グリーンスムージーを飲むことでお腹が膨らみ、食事量を減らすことができます。粉末グリーンスムージーなら1杯当たりのカロリーが100kcal以下の低カロリーのもあります。上手に使ってカロリー制限したいですね。

 

目的別グリーンスムージー【選び方】

時短 ダイエット 美容成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック

お味 溶けやすい 栄養成分

>>クリック

>>クリック

>>クリック